「うちわ」とフランスの画家「ルノワール」

19世紀中頃の万国博覧会(国際博覧会)への出品などをきっかけに、日本美術(浮世絵、琳派、工芸品など)が注目され、西洋の作家たちに大きな影響を与えました。(ジャポニズム)

フランスのルノワールは『うちわを持つ少女』という作品を描いています。

ピエール=オーギュスト・ルノワール作『うちわを持つ少女』 (1881年)

 

また、クロード・モネは作品『ラ・ジャポネーズ』の中で多数の「うちわ」を描いています。

クロード・モネ作『ラ・ジャポネーズ』(1876年)

この他にも多くのヨーロッパの画家の多くの作品で「うちわ」を描いており、日本らしさを表現するアイテムとして親しまれていたことがわかります。

※この投稿の内容はWikipediaの「ジャポニズム」を引用させていただいています。

コメントは受け付けていません。