「房州うちわ」の動画再生100万回

4ヶ月前(2018年6月)に投稿された「房州うちわ」の紹介動画が、なんと100万回再生を超えました。

これは訪日外国人向けメディアであるIkidane NipponのFacebookページに投稿された動画で、撮影には伝統工芸士の太田さんと共に我が房州堂もご協力させていただきました。

多くの「いいね」「シェア」「コメント」も付いており大変うれしく思っています。

房州堂は今後も日本の伝統的工芸品を守り伝えるべく活動を行っていきます。

「房州うちわ」の制作工程【へり付】

「うちわ」の面の周りを細い和紙でぐるっと縁取る工程を「へり付」といい、一つ一つ手で付けていきます。

「へり」の色は面のデザインに合わせて選びます。


そしてじっくり見てみると、職人さんによって「へり」にも微妙な違いがあります。

例えば上の写真ではヘリの幅が少し違います。

また、手前に写っている「うちわ」は「へり」が重なっているところがあります。これは2本のへり紙を使っているためです。奥に写っている「うちわ」は一本のへりで仕上げられています。

これらの違いは買っていただくお客様はほとんど気付かない部分ですが、職人さんごとに自分のやり方にこだわりを持って作っているのです。

「房州うちわ」の製作工程【貼り】

うちわの骨と面を糊で貼り合わせる工程を「貼り」といいます。

糊は紙に塗って張り合わせそうに思いますが、実は糊は骨に塗って貼り合わせます。

ちなみに、骨にも裏表があります。竹は節ごとに芽がついているのですが、その芽はうちわの裏になるように編むときから意識して作られています。

 

「房州うちわ」の製作工程 【柄詰、下塗、上塗】

「房州うちわ」は細い竹をそのまま使った丸柄が特徴です。
そのため、持ち手のおしりの部分(柄尻)は穴があいている状態になってしまうので、そこを埋めて色付けする工程があります。

使うときにはあまり意識しない部分ですが、ここの処理にも地味に手間暇をかけているんです。


【柄詰め】

穴に細い柳の枝を詰めて穴を塞ぎます。穴の直径も竹によってさまざまなので、ちょうどはまる枝を探して差し込み、飛び出た部分をノコギリで切って平らにします。

【下塗り、上塗り】

柄尻に胡粉(ごふん)と膠(にかわ)を混ぜたものを盛るように乗せ、乾いたら、漆(うるし)を塗って綺麗に仕上げます。

 柄尻は黒が多いですが、うちわ屋さんによっては朱色などで特徴を出しているところもあります。

「房州うちわ」の製作工程【編竹】

「割竹(さきだけ)」の工程で割いた竹を糸で編んでいく工程を「編竹(あみだけ)」といいます。

「房州うちわ」は丸い竹をそのまま割いて作られるため、割いた直後は骨竹は円状になっています。

これを平面にするためには、左右から順番に骨を取って編んでいきます。

このことによって、美しい窓が作られるのです。

 

「房州うちわ」の製作工程【割竹】

直径およそ1.5㎝程の女竹を一定の薄さになるまで割いてうちわの骨を作ります。この工程を「割竹(さきだけ)」といいます。

竹は曲げに強く良くしなる皮の部分と内側の肉の部分からなります。そこで、8ないし16分割したところで竹の肉の部分を削ぎ落します。

さらに刃物を入れては割くという作業を50回程度繰り返しながら割竹を行っていきます。

これは細い竹をそのまま柄にする丸柄うちわ独特の方法で、他のタイプのうちわ作りにはない独特の工程になります。